KAWASAKI FRONTALEクラブプロフィール

 川崎フロンターレは、100万都市川崎市をホームタウンに「スポーツ文化の振興及びスポーツによる地域社会への貢献」を理念として、1996年11月に設立いたしました。以来、地元密着のための活動を続けながら、青少年の健全な育成や地域の発展等への貢献を目指して、1999年にはJリーグのクラブに加盟しプロサッカー事業の展開、並びにスポーツの普及・振興活動に取組んでおります。

会社名 株式会社川崎フロンターレ
代表 代表取締役社長 藁科義弘
WARASHINA YOSHIHIRO
チーム名 川崎フロンターレ
住所 〒213-0013 神奈川県川崎市高津区末長4-8-52
設立年月日 1996年11月21日
資本金 349,375,000円
株主 味の素株式会社、株式会社石川商事、株式会社稲村製作所、
大川町工業団地協同組合、株式会社神奈川新聞社、
川崎市、川崎信用金庫、川崎フロンターレ持株会、有限会社 久地興業
株式会社ケアネット、株式会社 興建、サツマ工業株式会社、
賛友精機株式会社、ジェクト株式会社、株式会社ショウエイ、
株式会社昭特製作所、昭和電工株式会社、
JX日鉱日石エネルギー株式会社、セレサ川崎農業協同組合、
株式会社タイツウ、株式会社大和、タカネ電機株式会社、
株式会社田村屋、株式会社長保堂、株式会社テレビ神奈川、
東洋ロザイ株式会社、戸塚電機株式会社、株式会社ナガシマ製作所、
株式会社ニッコー、企業組合労協センター事業団川崎事業所、
株式会社PFU、富士通株式会社、 富士電機株式会社、
プライムコーポレーション株式会社、和幸商事株式会社
他(36社50音順)
ホームタウン 神奈川県川崎市
ホームグラウンド 川崎市営等々力陸上競技場(川崎市中原区等々力1-1)
todoroki image

クラブヒストリー

1992年 ジャパンフットボールリーグ加盟
1997年 Jリーグを目指すためにプロ化
同年6月 Jリーグ準会員加盟
1999年 J2リーグ加盟、J2リーグ優勝
2000年 J1リーグ昇格、Jリーグナビスコカップ準優勝
2001年 J2リーグ7位、天皇杯3位
2002年 J2リーグ4位、天皇杯ベスト8
2003年 J2リーグ3位、天皇杯ベスト16
2004年 J2リーグ優勝、天皇杯ベスト16
2005年 J1リーグ8位、天皇杯ベスト8
2006年 J1リーグ2位、Jリーグナビスコカップ3位、天皇杯ベスト16
  フットサルコート「フロンタウンさぎぬま」オープン
2007年 J1リーグ5位、AFCチャンピオンズリーグ ベスト8、
Jリーグヤマザキナビスコカップ準優勝
2008年 J1リーグ2位
2009年 AFCチャンピオンズリーグ ベスト8
J1リーグヤマザキナビスコカップ準優勝
J1リーグ2位 天皇杯ベスト8
2010年 J1リーグ5位
Jリーグヤマザキナビスコカップ3位
AFCチャンピオンズリーグ出場
2011年 J1リーグ11位

名前の由来

フロンターレとは、イタリア語で「正面」「前飾り」の意味。これは常に最前線で挑戦し続けるフロンティアスピリッツ、正面から正々堂々と戦う姿勢を表現したものです。

name

エンブレム

川崎市の花「つつじ」、チームマスコットの「イルカ」、チームカラーをあしらい、世界に向けて開かれた活力と、魅力ある臨海都市「川崎」をシンボライズしたマークです。

emblem

マスコット

「先進技術を生み出す賢さ、臨海都市の海」をシンボライズし、フロンターレの目指すスピード、親しみやすさを表現する「イルカ」をモチーフにしました。名前は一般公募で選ばれた「ふろん太」です。

mascot

Get AdobeReader

当サイトのコンテンツ閲覧には一部、プラグインが必要な場合があります。必要な方は上記のボタンからダウンロードサイトに移動し、ガイドにしたがってインストールしてください。

PAGE TOP

サイトマップ