前節

SEASON2018

2回戦

vs.ソニー仙台FC

emblem

最新節

次節

HOME

日時:2018年06月06日(水)19:03キックオフ 会場:等々力陸上競技場

試合終了

ゲームトップ画像

試合終了

  • エンブレム

    川崎フロンターレ

  • 3

    02
    30

    2

  • ソニー仙台FC

    エンブレム

THE 98th EMPEROR'S CUP
vs.Sony Sendai Football Club

2018 天皇杯 2回戦 vs.ソニー仙台FC:開催データ
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態
5,488人 雨、弱風 20.7℃ 86% 全面良芝、水含み
試合時間 コミッショナー 主審 副審 副審
90分 大野 辰巳 榎本 一慶 平間 亮 高寺 恒如
追加副審 追加副審 第4の審判員 記録員  
西田 裕貴 大高 常勝  
過去の対戦成績(J1) 過去の対戦成績(J2) 2018シーズン対戦記録
対戦無し 対戦無し

Jリーグ公式オンラインストアで、川崎フロンターレのユニフォームや応援グッズを今すぐ購入しよう

公式記録OFFICIAL MATCH RECORD

川崎フロンターレ[ホーム] チーム [アウェイ]ソニー仙台FC
3

0 前半 2
3 後半 0

2
鬼木 達 監督 本多 進司
─ > ─ 勝点 ─ > ─

長谷川 竜也 52分
エウシーニョ 66分
家長 昭博 89分

得点
選手/時間

18分 藤原 元輝
33分 三浦 祐希

選手名
シュート数 ポジ
ション
シュート数
選手名
45909045
新井 章太 30000 GK 000 32 瀧本 雄太
エウシーニョ 18022 DF 00019 菅原 啓祐
谷口 彰悟 5202 11023 金子 貴裕
エドゥアルド 23000 00020 田中 龍志郎
車屋 紳太郎 7000
守田 英正 25000 MF 1012 三浦 祐希
森谷 賢太郎 19000 0004 瀬田 貴仁
脇坂 泰斗 281 1 1107 吉森 恭兵
家長 昭博 41156 10113 森原 慎之佑
長谷川 竜也 16112
阿部 浩之 8224 FW 000 15 杉田 真彦
110 25 丹代 爽弥
202 17 藤原 元輝
 
GK/安藤 駿介 24     0 SUB 0     1 GK/金子 進
DF/登里 享平 2   0 0 0     5 DF/山田 佑介
DF/武岡 優斗 17     0 0     6 DF/冨澤 右京
MF/下田 北斗 22     0 0     10 MF/山崎 一帆
MF/鈴木 雄斗 27   0 0 0 0   16 MF/小泉 慶治
FW/赤﨑 秀平 9     0 0 0   18 FW/秋元 佑太
FW/知念 慶 20 1 3 4 0 0   9 FW/内野 裕太
経過
得点選手 得点経過 得点選手
経過

中央 5 → 右 18 → 右 41 ↑ 中央 16 HS

16 長谷川 竜也 52 18 藤原 元輝 17

中央 25 ~ 右 → 右 2 ↑ 中央 17 ワンタッチプレー 左足S

中央 25 → 41 左足S 相手FP こぼれ球 18 ~ 左足S

18 エウシーニョ 66 33 三浦 祐希 2

右 2 インターセプト ~ 右 ~ 中央 右足S

中央 20 ↑ 右 27 ~ → 41 ~ 中央 左足S

41 家長 昭博 89

[得点経過の記号の意味]〜:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート

OUT IN 交代選手 IN OUT
28 脇坂 泰斗 20 知念 慶 38 65 16 小泉 慶治 15 杉田 真彦
23 エドゥアルド 2 登里 享平 59 76 9 内野 裕太 2 三浦 祐希
8 阿部 浩之 27 鈴木 雄斗 86 86 18 秋元 佑太 7 吉森 恭兵
警告・退場
選手名/理由
  
  
  
  
  
  
45 90 データ 90 45
8 13 21 シュート 7 3 4
3 4 7 GK 11 5 6
5 6 11 CK 3 2 1
8 10 18 直接FK 12 6 6
1 1 2 間接FK 1 0 1
1 1 2 オフサイド 1 0 1
0 0 0 PK 0 0 0
警告・退場
選手名/理由
75 C1 2 三浦 祐希
  
  
  
  
  

注1:オフサイド欄の数値は、間接FK数のうちオフサイドによるものを表している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。

警告理由
C1 = 反スポーツ的行為 C2 = ラフプレイ C3 = 異議 C4 = 繰り返しの違反 C5 = 遅延行為  C6 = 距離不足
C7 = 無許可入 C8 = 無許可去
退場理由
S1 = 著しく不正なプレイ S2 = 乱暴行為 S3 = つば吐き S4 = 得点機会阻止(手) S5 = 得点機会阻止(他)
S6 = 侮辱 CS = 警告2回

前節終了時の累積警告

  • なし

今節の出場停止

  • なし

スターティングメンバーLINE-UP

川崎フロンターレ
ソニー仙台FC

最近の結果と予定 RESULTS & SCHEDULE

最近の試合結果と予定
川崎   ソニー仙台FC
3試合前
2試合前
前節
次節
2試合後

あんたが大賞

photo

─試合後に掲載─

贈呈者
賞品

他会場の結果 OTHER MATCHES

2018 天皇杯 / 2回戦 >利用規約をご確認ください

日 程 対戦 キックオフ 会 場 入場者数 結果
2018年
6月6日(水)
水戸 vs 愛媛 19:00 Ksスタ 898 2 - 0
湘南 vs 道教大岩見沢 19:00 BMWス 921 1 - 0
長崎 vs 松江 19:00 長崎市 1,454 2 - 1
鳥栖 vs 多度津FC 19:00 ベアスタ 2,314 7 - 0
徳島 vs 栃木 19:00 鳴門大塚 1,309 1 - 0
神戸 vs 福岡大 19:00 ノエスタ 2,202 3 - 0
千葉 vs 青森 19:00 フクアリ 2,064 2 - 2
柏 vs V市原 19:00 三協F柏 2,429 6 - 0
山形 vs 岐阜 19:00 NDスタ 1,863 2 - 2
FC東京 vs 流経ド 19:00 味スタ 3,617 4 - 2
新潟 vs 高知USC 19:00 デンカS 2,241 0 - 0
横浜FM vs FC大阪 19:00 ニッパツ 3,096 4 - 3
横浜FC vs 讃岐 19:00 ピカスタ 871 2 - 0
仙台 vs 群馬 19:00 ユアスタ 2,685 4 - 0
大宮 vs 長野 19:00 NACK 1,937 1 - 0
鹿島 vs ホンダ 19:00 カシマ 3,172 6 - 1
岡山 vs 町田 19:00 Cスタ 1,986 0 - 1
広島 vs 鳥取 19:30 福山 2,829 2 - 0
名古屋 vs 奈良 19:00 パロ瑞穂 2,455 1 - 1
浦和 vs YS横浜 19:00 駒場 4,276 3 - 0
松本 vs 熊本 19:00 松本 4,243 1 - 1
G大阪 vs 関学大 19:00 吹田 3,103 1 - 2
東京V vs 富山 19:00 味フィ西 790 3 - 2
京都 vs 金沢 19:00 西京極 816 1 - 3
清水 vs 今治 19:00 アイスタ 2,189 1 - 0
甲府 vs 流経大 19:00 中銀スタ 1,377 3 - 1
磐田 vs 中京大 19:00 ヤマハ 2,230 3 - 2
大分 vs 山口 19:00 みらスタ 2,728 1 - 2
札幌 vs 滋賀 19:00 札幌厚別 2,668 2 - 1
福岡 vs 鹿児島 19:00 レベスタ 1,505 1 - 0

モバフロだけ! 試合前の選手コメントPLAYERS’ COMMENTS BEFORE THE MATCH

POWERED BY モバフロ

川崎フロンターレ:谷口 彰悟

Jリーグが中断したあと、天皇杯のこの試合ために準備をしてきた。チャンスをもらった選手もいるが、こうしたい、こうしようと選手間でコミュニケーションを取りながら意識をすり合わせてきた。それを全員で表現できるかだと思う。若い選手もいるので、その勢いをチームに落とし込めるようにしたいし、その気持ちをピッチで出せるようにしたい。チームが勝つことが一番だが、個々のアピールもポイントだと思う。自分自身を含め…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:阿部 浩之

天皇杯は力の差を見せつけなければいけない試合。足元をすくわれないように、試合の入り方を大事にしたい。失点を先にしないこと。先制したらうちのゲームになるのは間違いない。圧倒できるかどうかは、先に失点しないかどうかに尽きると思う。前線の組み合わせによって、自分の仕事も変わってくるが、そこは柔軟に対応したいし、練習で良い感覚もつかめている。ヤスト(脇坂泰斗)にはヤストの良さがある。技術はある選手なの…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:長谷川 竜也

天皇杯は自分たちにとっては大事な試合。難しい試合になると思うが、良い試合をして中断に入りたいと思っている。トーナメントなので、勝負強さであったり、勝ち切る大切さが求められる。ACLがなくなったので、大事な試合になると思っている。相手は3バックでより攻撃的な布陣で、アグレッシブにくる相手。3バックとウィングバックの間の段差ができる。そこを利用してFWが走るのか、サイドが走るのか。深い位置まで押し込ん…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:エドゥアルド

チームとしてひさびさの公式戦で、個人的にも先発であればひさびさだの出場だが、自分としてはいい準備ができていると思っている。ゲームには出ていなかったが、日々のトレーニングではできることを精一杯やってきた。今回は違う大会で普段対戦しない相手だが、まず自分たちのサッカーをやることが大事。自分たちのスタイルを出し切って今までやってきた試合内容をピッチで出せば、結果はついてくると思っている。こちらも多少メン…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:守田 英正

勝って当たり前と思われて対戦する試合。その中でやらないといけないので、難しい試合になる。ソニー仙台には(流通経済大学で同期だった)田中龍志郎がいる。田中はパワーがあって左利き。良いキックがあるし、クロスも放り込んでくる。ボランチに吉森(吉森恭兵)という先輩もいる。同級生と対戦できるのは嬉しい。天皇杯ぐらいしか対戦できないし、戦い方や雰囲気も違う。そういう楽しみはあるが、だからといって、いつもの試…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:脇坂 泰斗

ボールに多く関わって攻撃に絡むプレーをできるようにしたい。後ろに落ちて、ボールをさばいて、前に入っていく。あとはゴール前のところ。ゴールなり、アシストなりでしっかりと入っていきたいと思っている。守備のところでは、FWの選手とうまく連動して、相手は3バックなので、うまくボランチ2人で見るような形で対応したい。アベちゃん(阿部浩之)には好きにやっていいよと言われているので、アベちゃんと縦の関係だったり…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:新井 章太

天皇杯の最初は、一年で一番難しい試合でもある。相手がわからない状態だし、いつも以上に集中して試合に入らないといけない。ただ考えすぎても良くないし、考え始めたらキリがない。いつも通りにやることが大事。ワンプレー、ワンプレーで自分がベストな判断をすること。相手はロングボールが多くなると思う。そのあとのセカンドボールをしっかりとつなぐことがポイントになる。こういうところを勝っていかないと、もったいない…

つづきは
モバフロで!

試合レポートMATCH REPORT

天皇杯初戦となる2回戦、宮城県代表ソニー仙台FCとの一戦。ワールドカップ中断期間前最後の公式戦。ひとつひとつ階段を登っていきたい。雨が降り続く等々力陸上競技場。19:04キックオフ。

前半THE FIRST HALF

フロンターレのスターティングメンバーは、トップに阿部、その下に脇坂、左ワイドに長谷川、右に家長、ボランチは森谷と守田のコンビ、最終ラインは車屋-エドゥアルド-谷口-エウシーニョ、GK新井。立ち上がり1分、フロンターレの攻撃。右サイドから家長がドリブルをしかけ、右足のクロスを長谷川がヘッドで合わせるがゴール左に外れる。決定的な場面だった。2分、仙台の攻撃。左サイドから崩しを狙われクロスが入るが、守備陣がクリア。セカンドボールを拾われ再びクロスが入るが、GK新井がキャッチ。3分、自陣でプレッシャーをかけられ藤原にミドルシュートを打たれるが、GK新井のセーブでしのぐ。5分、フロンターレの攻撃。中盤でパスをつなぎ阿部がスルーパスを入れるが、脇坂に合わず。7分、自陣からパスをつなぎ、右サイドから抜け出したエウシーニョが折り返すがブロックされる。8分、右コーナーキックの場面。森谷のボールに谷口が走り込むが、うまくミートせず。10分、中盤で家長がルーズボールを拾い、左サイドへ展開。長谷川のヒールパスに反応した家長がクロスを入れるが、GKにキャッチされる。11分、自陣からパスをつなぎ左サイドから崩しを狙うが、ファールで止められる。12分、ペナルティエリア左からのフリーキックの場面。森谷が低いボールを入れるがクリアされる。13分、右コーナーキックの場面。森谷のボールを谷口がヘッドですらし家長が合わせるが、惜しくもGKのセーブに阻まれる。13分、左コーナーキックの場面。森谷のボールはGKに触られる。15分、右サイドから崩しをかけてワンツーから抜け出した脇坂がシュートを放つが、惜しくもゴール左に外れる。16分、細かくパスをつないで崩しを狙うが、フィニッシュに届かず。迎えた18分、ソニー仙台の攻撃。攻勢をしのがれ右サイドから速攻をかけられ三浦に抜け出され、クロスを藤原に合わせられ先制点を奪われる。(0-1) 21分、フロンターレの攻撃。パスをつないでボールを運ぼうとするが、仙台のプレッシャーに阻まれる。23分、右サイドから崩しをかけ、エウシーニョがスルーパス。家長がキープから折り返しを入れ、エウシーニョがシュートを放つがブロックされる。惜しい場面だった。

24分、さらに攻勢をかけて中央阿部が左足でシュートを放つが、GKにキャッチされる。25分、仙台の攻撃。パスをつながれ左サイドから崩しを狙われるが、守備陣が対応。26分、フロンターレの攻撃。右コーナーキックの場面。森谷のボールは守備陣に触られる。27分、セカンドボールを拾って左サイドから崩しをかけるが、守田と家長のワンツーはタイミングが合わず。28分、パスをつないで左サイドから崩しをかけ、車屋の速いボールに脇坂が合わせるがブロックされる。29分、左コーナーキックの場面。森谷のボールからゴール前で混戦となるが、フィニッシュにつながらず。さらに中盤からのボールに車屋が抜け出し、左サイドから折り返しを狙うがブロックされる。30分、仙台の攻撃。左サイドに展開され折り返されるが、守備陣がブロック。迎えた33分、ソニー仙台の攻撃。自陣でサイドチェンジをカットされ、そのまま右サイドから入り込んできた三浦にミドルシュートを決められる。(0-2) 35分、仙台の攻撃。自陣で圧力をかけられルーズボールに反応した森原にシュートを撃たれるが、GK新井がキャッチ。36分、さらに仙台に圧力をかけられるが、谷口がカット。ピンチをしのぐ。37分、フロンターレの攻撃。ペナルティエリア前でボールをつなぎ押し込むが、シュートに持ち込めず。38分、仙台の攻撃。中盤左からのフリーキックの場面。吉森のボールはそのままゴール上に外れる。39分、脇坂に代えて知念がピッチへ。40分、仙台の攻撃。リスタートの流れ。右サイドからクロスを入れられるが、ボールはゴール前を通過。42分、フロンターレの攻撃。セカンドボールを拾って押し込むが、ラストパスに至らず。44分、中盤で阿部がシンプルにはたき知念がシュートに持ち込むが、GKにキャッチされる。45分、家長が中央から浮き球を入れ、阿部が右サイドからダイレクトでシュートを放つが惜しくもゴール左に外れる。アディショナルタイム2分。立ち上がりにチャンスを迎えるものの決めきれず。すると前がかりになったところで一瞬のスキを突かれ、失点。さらに自陣でボールを奪われ追加点を許し、2点ビハインドで前半を折り返した。

ハーフタイムコメントHALF TIME COMMENTS

エンブレム

川崎フロンターレ:鬼木 達 監督

球際を厳しく。相手に時間を与えない。一つ一つのプレーを正確に丁寧に。1点1点確実に返していこう。

エンブレム

ソニー仙台FC:本多 進司 監督

後半立ち上がりの失点に気をつけよう。守りに入らないように。0-0のつもりで立ち上がりからチャレンジしていこう。前からプレスをかける時と遅らせる時をチームで連携を取って。

後半the 2ND half

46分、仙台の攻撃。自陣でルーズボールを拾われ右サイド三浦にボールを入れられるが、GK新井がキャッチ。47分、中盤でボールカットされ、田中に左サイドからクロスを入れられるがDFに当たりゴール前を通過。48分、フロンターレの攻撃。左サイドに展開し長谷川がクロスを入れるが、ゴール前の知念には収まらず。49分、仙台の攻撃。左サイドに展開され藤原に折り返されるが、守備陣が対応。51分、フロンターレの攻撃。左コーナーキックの場面。森谷のボールはGKに触られ、こぼれ球に反応した守田がゴール前にボールを入れるが、知念のヘッドはゴール上に外れる。惜しい場面だった。迎えた52分、フロンターレの攻撃。右サイド裏のスペースに家長が抜け出し、右足でクロス。ゴール前に飛び込んだ長谷川がヘッドで押し込み1点を返す。(1-2) 53分、仙台の攻撃。中盤でボールを奪われカウンターを狙われるが、守備陣が対応。54分、攻勢をしのがれカウンターを受け丹代にゴール前に迫られるが、谷口が戻りながら対応。ピンチを未然に防ぐ。55分、右コーナーキックの場面。吉森のボールが入るが守備陣が対応。56分、フロンターレの攻撃。左サイドに展開し、長谷川がクロス。知念がヘッドで合わせるが枠に飛ばず。57分、知念が強引に中央突破を狙うが、DFに止められる。58分、右コーナーキックの場面。森谷のボールはクリアされる。59分、エドゥアルドに代えて登里が入り、左サイドバック。車屋がセンターバックへ。60分、仙台の攻撃。セカンドボールを拾われ押し込まれるが、守備陣が耐える。60分、フロンターレの攻撃。仙台の攻勢をしのぎ、カウンターから右サイド家長がクロス。知念が戻しゴール前で混戦となるが、仙台ディフェンスにかき出される。61分、森谷がサイドチェンジ。右サイドのエウシーニョが切り返し左足でシュートを放つが、GKにキャッチされる。さらに攻勢をかけ、長谷川が左サイドから折り返し。阿部がシュートを放つが、GK正面。惜しい場面が続いた。62分、長谷川が左サイドからクロス。知念がヘッドで折り返し、家長がゴール前に入り込むがボールは枠に転がらず。63分、左サイドから崩しをかけ、登里が突破を狙うがクリアされる。64分、守田のスルーパスからゴール前で混戦となるが、得点には至らず。65分、仙台の攻撃。リスタートの流れから丹代にシュートを打たれるが、大きく外れる。

迎えた66分、フロンターレの攻撃。左サイドから崩しをかけてスルーパスに抜け出した守田が戻し、阿部がシュート。ブロックされたボールを拾ったエウシーニョが左足で落ち着いてシュートを決め、同点に追いつく。(2-2) 68分、フロンターレの攻撃。守田のスルーパスに抜け出した家長が左サイドから折り返すが、ブロックされる。69分、左コーナーキックの場面。森谷のボールはクリアされ、混戦から知念がオーバーヘッドでシュートを放つがGK正面。惜しい場面だった。71分、相手陣内でボールを奪い返し知念が左足で強烈なシュートを放つが、惜しくもGKにセーブされる。72分、ペナルティエリア左からのフリーキックの場面。森谷のボールから混戦となり、谷口がシュートを放つがブロックされる。73分、左コーナーキックの場面。森谷のボールのクリアボールを阿部が遠目から合わせるが、強烈な惜しくもポストに当たり外れる。76分、中盤左からのフリーキックの場面。森谷の低いボールはGKにキャッチされる。77分、カウンターを狙い家長が右サイドからボールを入れるが、ゴール前でクリアされる。78分、右コーナーキックの場面。森谷のボールはゴール前に合わず。79分、仙台の攻撃。左コーナーキックの場面。ショートコーナーから金子に遠目からシュートを打たれるが、ゴール左に外れる。80分、フロンターレの攻撃。右コーナーキックの場面。森谷のボールはゴール前に合わず。81分、仙台の攻撃。速攻から内野に左サイドから突破を狙われるが、守備陣が対応。84分、フロンターレの攻撃。パスをつないで押し込み、森谷がミドルシュート。さらにセカンドボールを拾って押し込み、最後は森谷がゴール前に入り込むが得点に至らず。86分、阿部に代わって鈴木が入り、右ワイド。家長が中央に絞る。88分、フロンターレの攻撃。ペナルティエリア前で細かくつなぎ、最後は家長が中央からミドルシュートを放つがゴール左に外れる。迎えた89分、フロンターレの攻撃。右サイドのスペースへのボールに鈴木が追いつき、パスを受けた家長が中央に切れ込みながら左足でシュートを決めて勝ち越しゴールを奪う。(3-2) アディショナルタイム5分。90+1分、仙台の攻撃。ゴール前にボールを入れられルーズボールに瀬田が走り込んでくるが、車屋がぎりぎりのところで対応。危ない場面だった。

後半立ち上がりに家長のクロスを長谷川がヘッドで合わせ1点差。さらに猛攻をかけてエウシーニョのゴールで同点に追いつく。その後も押し込みながら3点目を奪えない時間が続くが、終盤家長がシュートを決めて、ついに勝ち越し。苦しみながらも逆転で天皇杯3回戦に駒を進めた。

試合終了後 監督コメントCOMMENTS AFTER THE MATCH

エンブレム

川崎フロンターレ
鬼木 達 監督ONIKI, TORU

[公式記者会見 総評]

雨の中、かけつけてくださったサポーターの為に勝てたという結果に対してはホッとはしていますけど、本当に反省すべき点が多い試合だったので、ここで1回中断が入りますけど、そこのところでしっかりと見直したいと思います。ただゲームの方は、最初のチャンスを決めきれなかったところ、そういうことが響いたのが確かですし、もう一つは自分達で前半の中で修正しきれなかったというところはもう1回、考えなければいけないところ、そして後半、逆に自分達でやるべき事をやればああいう形になるということも見せてくれたので、そこのところはポジティブに捉えて続けていきたいと思います。以上です。

[公式記者会見 質疑応答]
── 前半にあれだけ苦戦した理由はどう考えていますか?
先ほども言いましたけど、まず最初で決めきれなかったところ、いくつかチャンスがあった中で決めきれなかったことも含めて、これぐらいで行けるんじゃないかという雰囲気がただよってしまったのかなと。そこから少しボールを引き出す作業とか、見る場所だとか、そういうものがすごく曖昧になっていて、結果的に後ろの方でのビルドアップが安定しなかったので、全体的に戻る作業が増えてしまってそれが苦しいゲームにしてしまったなと思います。
── 後半、登里享平選手を入れて車屋紳太郎選手をセンターにしていました。あれはどういう意図でしょうか?
ビルドアップのところ、エドゥアルドのところですこし滞っていたかなと。リズムのところが少し良くないと。前半から感じてはいたのですが、我慢しながらと思ってやっていましたが、我慢しきれなかった。シンタロウ(車屋紳太郎)であればテンポが良いですし、ノボリ(登里享平)も推進力があるので、両方の良さを生かそうと思って代えました。

エンブレム

ソニー仙台FC 監督
本多 進司

[公式記者会見 総評]

雨の中、仙台からかけつけてくれたサポーター、社員の皆様、関東圏の社員の皆様、関東のサポーターの皆様も数多くかけつけていただいた中で、なんとかいい試合を見せたいということで、選手も意気込んでこのゲームを迎えました。結果は出せませんでしたが、選手には前向きなプレー、チャレンジする、向かっていく姿勢をJリーグチャンピオン相手にやろうと、ブロックを組んで何かできるゲームではないよという話をした中で選手は本当に前向きにチャレンジをして、守備も攻撃も自分達のやることを出せる時間も作ることが出来たので、結果は出せませんでしたが、選手達を誇りに思っています。

[公式記者会見 質疑応答]
── 川崎との差というのはどういうところに感じましたか、あとはこの試合でどういうところを収穫として得たでしょうか?
差は全てだと思っています。ただこのゲームにあたっては守備のところも前からプレッシャーをかけて奪いに行こうという話をしました。攻撃においては自分達が川崎さんを相手に主導権を握る、ボールを握って前に前進していくという時間、回数を数多く増やそうということを選手に話をした中で、特に前半の方は最初の15分をしのいだ形の中から2点を取ることが出来ました。ただ振り返ってみると後半の入りのところの失点が痛かったなと。あとは前半のところで2得点を奪うところだったり、推進力を持った攻撃をすることは出来たのですが、一方でボールを落ち着かせて、動かして相手を走らせてというところは出来なかったというか、もう少しそこでその作業をすることが出来れば、後半にもうちょっと違ったゲームに出来たんじゃないかなと思っています。そこは差と捉える一つだと思っています。
── 後半に逆転されてしまい、前半に比べて選手に変化というものはあったのでしょうか?
前半にパワーを出して、守備を前から行って攻撃の推進力を出していった部分もあったので、後半に落ちてくるあるいは痛んでいる選手もいた中で、もう1回パワーをもって入りたい。川崎さんもおそらくパワーをもって来る中で、入りの部分をなんとか我慢して2-0の状態で推移させていきたかったのですが、そこが叶わなかったところが一つ悔しいところかなと思っています。

試合終了後 選手コメントPLAYERS’ COMMENTS AFTER THE MATCH

川崎フロンターレ:谷口 彰悟

── 試合を振り返って
立ち上がりは悪くなかったし、そこでチャンスを作っていた分、先に点を取っておきたかった。チャンスを作っていた分、どこかで点を取れるだろうという空気が、もしかしたらあったのかもしれない。ルーズになっていたし、攻守において間延びしてしまった。そこで先に失点してしまった。よくない流れだったし、2失点してしまうと難しいゲームになる。難しいゲームになるとは思っていたが、それが想像以上になってしまった。それは自分たちのせいだし、もう少ししっかりとしたゲームで勝ちたかった。次に繋げないといけなという点では、3点取れたことと、勝てたことはよかった。今日は反省点が多いゲームだった。

川崎フロンターレ:車屋 紳太郎

── 試合を振り返って
シンプルにサイドで相手がハメてきて、そこで縦に入れるとか、一つ飛ばすとか、同サイドの近くでやりすぎた。そこで奪われてカウンターという流れだった。得点が取れればよかったが。相手があそこまで前からくるとは思っていなかったし、来てもはがせると思っていた。相手のやりたいことをやらせてしまった。サイドバックの裏を狙ってきているのは感じていたので、後半はそこのカバーも意識していた。前半はセカンドボールも拾えなかったし、うまくボールも収まらなかったので、後半はそこができたかなと思う。

川崎フロンターレ:阿部 浩之

── 試合を振り返って
前の自分たちが点を取っていればもっと楽なゲームだった。そこは反省しないといけない。点を取るところで取れなかったことと、気をつけておくカウンターでやられたところ。1点で抑えていれば、もっと楽なゲームだった。相手は60分ぐらいから足は止まっていたので、いずれ点は取れると思っていた。これを次につなげていけば良いと思っている。勝ってよかった。

川崎フロンターレ:長谷川 竜也

── 試合を振り返って
前半、相手の圧力に押されてしまった。ふがいない内容だった。ただ後半は自分たちらしく相手陣内に押し込んでチャンスを多く作って、最後逆転まで持って行くことができた。最低限の結果。相手どうこうというより、自分たちが攻守でどっちつかずになって、そこからミスを生んでしまった。勢いがある相手なので、そこをうまく突かれて利用されてしまった。自分たちが良くなかった。得点は、毎日練習から意識しているし、それが自分の良さでもある。左で崩した時に、右サイドの選手が入ってくるとディフェンスも視野が取りにくい。逆サイドから入られるのはディフェンスは嫌だし、チャンスになる。どれだけ自分が良いタイミングで入れるか。そこは意識している。チャンスはあると思っていたので、焦ってはいなかった。アキさん(家長昭博)から2度目の良いボールが来た。当てるだけだったし、あれはほとんどアキさんのゴール。延長は嫌だったし、今日は90分で帰りたいという強い気持ちを持っていた。改めて決め切ることの大切さを実感した。これから中断期間に入って、そのあとキャンプもある。そこはもっと突き詰めていかないと。チャンスは作れているので、そこで決め切ることができればより攻撃的なサッカーができると思う。

川崎フロンターレ:エウシーニョ

── 試合を振り返って
もっと集中力を持ってゲームに入らなければいけなかったと思う。相手がどうこうというよりは、1試合は1試合ということ。あのように失点からスタートすると、チームとしては少し浮足立ってしまうところがあるので。ただ後半、強い気持ちを持ってしっかりゲームに入ろうというムードになった。それが逆転勝利につながったと思う。負けている状況だったので、感じなければいけないのは全員同じ部分だったと思う。後半に自分たちがやるべきことをしっかり出し切ることができたんじゃないかなと。こういうゲームは難しいとは思っていたが。得点シーンは、その前に1、2回同じようなシーンがあった。2回目はある程度落ち着いてシュートを打てたし、3回目でさらに落ち着いて得点につなげることができた。とにかくチームが勝つことが一番重要。この勝利は後に大きな意味をもたらすと思うので、今日のゲームでミスや改善しなければいけない部分を中断期間でしっかり取り組んでいきたい。

川崎フロンターレ:知念 慶

── 試合を振り返って
負けている展開で入ったが、みんな少し慌てている状態だったので、自分が前線でボールを収めて落ち着かせること。落ち着いて攻撃をすれば、絶対にチャンスはあると監督からも言われて入った。ただ前半の途中にいきなり入ったので、しばらくは身体が硬くて、うまく試合に入れなかった。後半はチャンスにも絡めていたし、チャンスメークもできていた。ただゴールを奪えなかったのは悔しい。90分で試合を終わらせたことには安心している。キャンプで良い準備して、試合に備えたい。

川崎フロンターレ:守田 英正

── 試合を振り返って
序盤から自分たちが攻めているなかで、決め切ることができれば圧倒できたと思う。最終的に逆転して勝てたことはよかったが、すっきりと中断期間に入るという感じではない。いつもとメンバーが変わったが、練習でいろいろ合わせながらやってきた。攻撃のクオリティは高くやれていたと思うが、最後の場面でいまひとつ噛み合わなかったのはこれからの課題。中盤に関しては自分とケンタロウくん(森谷賢太郎)の2人が少し引きすぎた場面はあったかもしれないが、距離感やセカンドボールを拾う部分ではそれなりに機能していたと思うし、相手にとって怖いポジションは取れていたかなと。後半はボールを奪われたあとの守備で前からガンガン圧力をかけることで、相手のミスを誘う場面が多かった。そこからの攻撃の回数を増やせたのがよかった。シーズン前半戦全体でいうと、リーグ戦でもっといい順位にいたかったというのが理想だが、それでも自分たち次第で巻き返せる位置につけていると思っている。
── サポーターヘ
今日は、試合を通してうまくいかないことばかりだったけど、結果的に逆転できたことは最後まで応援してくれたサポーターのおかげだと思っている。皆さんの声援が僕たちを後押ししてくれることが、形となって表れた結果と思うので、感謝している。中断明け、試合が再開してからも期待してほしいし、今日のように応援に来てください。

川崎フロンターレ:脇坂 泰斗

── 試合を振り返って
試合の入りとしてはチャンスもあったし、自分自身のシュートもあった。入りは悪くはなかったが、よくもなかった。もっともっと、間で受けられる場面があった。相手のプレスに対して、個人として圧力を感じてしまったのかもしれない。間で受けて、ボールを前に運ぶということをできなかったし、そこがゲームを崩してしまった要因だと思っている。チームが勝てたことは嬉しいが、個人としては悔しい気持ちもある。それを次に生かさないと意味がないと思っている。

川崎フロンターレ:家長 昭博

── 試合を振り返って
大変な試合だったが、勝ててよかった。2点差をひっくり返すのは大変。得点は、良い形でシュートまで持ち込めたので、冷静に打つことができた。

OFFICIAL SPONSORS

  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 富士通エフサス
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 株式会社PFU
  • プーマ
NEXT MATCH

次の試合も熱い声援を! 合言葉はPaint it Blue!!

SEASON2018

3回戦

vs.水戸ホーリーホック

emblem

AWAY日時:2018年07月11日(水)19:00キックオフ 会場:ケーズデンキスタジアム水戸

試合スケジュールへ

PAGE TOP

サイトマップ