INFORMATIONお知らせ

2009年10月18日(日)- 1

「かわさき応援バナナ」販売のお知らせ

おいしイ〜めずらしイ〜

このたび、川崎中央青果株式会社では、バナナの販売を通して川崎フロンターレを支援し、また、力を合わせて地元・川崎市の活性化をしていきたいと考え、「かわさき応援バナナ」というブランドを、川崎フロンターレのスペシャルサプライヤーである「株式会社ドール」協力のもと立ち上げ、川崎市内の量販店にて展開していくことが決定致しましたので、お知らせ致します。
なお、「かわさき応援バナナ」1パック(1房)販売につき、「3円」が川崎フロンターレに寄付され、地域社会の貢献活動のため使用されます。

「かわさき応援バナナ 取り扱い店舗はこちら」

仕組み

「かわさき応援バナナ」1パック(1房)販売につき、「3円」が川崎フロンターレに寄付されます。
川崎フロンターレは、全額「等々力陸上競技場全面改修の費用」として川崎市へ寄付致します。

希望小売価格

198円

かわさき応援バナナ

販売スケジュール

2009年10月17日(土)より、随時市内量販店に展開
※10月25日(日)広島戦の際に等々力競技場内で販売予定

コメント

※10月15日(木)に麻生グラウンドにて記者会見を実施しました。(概要のみ掲載)

◇川崎市中央卸売市場 川崎中央青果 常務取締役 佐藤義勝
『川崎市は、東西横長の地形になっています。規模数でいきますと31キロメートル強の大変横長の地形になっています。同じ川崎市でありながらも本日のクラブハウスのある麻生区から川崎市役所のある中心部では、東部から西部までということで移動すれば1時間から1時間半ぐらいかかります。
 今、川崎市は、東京と横浜に挟まれましたベットタウンですので新しく川崎は変わってきています。人口も増えてきています。今では140万という指定都市ということになってきていますが、なかなか川崎市民の一体感がもてないというのが現状であります。川崎フロンターレは、サッカーというスポーツを通じて川崎市民の共通な話題ということで川崎市民の救世主的な存在になっている。
 そんな川崎市民のチーム、川崎フロンターレをバナナの販売を通して支援して、川崎フロンターレと力を合わせて地域の活性化を考えたいと。今回、川崎応援バナナというブランドを川崎フロンターレのスペシャルサプライヤーであるドール様の協力のもと立ち上げた次第でございます。
 このバナナ1房4本〜5本を売りまして川崎フロンターレ様に3円の寄付をしたい。それでチームの貢献に繋げてもらいたいというのが大きな狙いであります。川崎市内の量販店を中心に今後の展開をしていきたいと思います。
 バナナは季節ものでなく、年間を通じて品質・味が安定しており産地によっても左右されにくく安定して販売できる。また、子どもからお年寄りまで幅広い年代に食べて頂けることが、どこか、サッカーの来場者も子どもからお年寄りまでスタジアムに足を運んでいることと共通していると感じたからです』

◇株式会社川崎フロンターレ 代表取締役社長 武田信平
『川崎の活性化、街づくり等を含めて一緒にやっていきたいということで。クラブとしては、ただサッカーをするんじゃなくて、いろんな形で地域貢献をしたい。その目的としては、川崎の街を活性化していきたいと微力ながら貢献していきたいなという気持ちでいろんな事をやっている訳ですが、その中で今回ぜひ一緒にやりたいというありがたいお言葉を頂いております。
 この応援バナナが市場に出回ることは、フロンターレの名前が1つ浸透していくことになると思っています。またさらに加えて、1パックが売れるごとに、3円の地域貢献活動に寄付して頂けるというありがたいプログラムがついています。社会貢献活動の費用については、今、話題になっている等々力の全面改修費用に当面寄付していく、川崎市にフロンターレが寄付をする形をとりたいと思っています。
 今回ありがたい企画をいただきました、川崎中央青果株式会社様には、心から感謝致します。本当にありがとうございます。またこのバナナを提供して頂いておりますスペシャルサプライヤーのドールさんにも心から感謝をしたいと思っています』

◇川崎フロンターレ 井川祐輔
『近年、等々力競技場には多くのサポーターの皆さんに来て頂いていまして、ありがたいことに、立ち見まで出ています。このバナナを食べてより良い等々力の雰囲気を作っていければと思っていますので、ご協力お願いします』

◇川崎フロンターレ ジュニーニョ
『サポーターのみなさんはもちろん、川崎市内に住んでいる方、すべての方にバナナを食べて頂きたいと思っています。スタジアムの改修もそうですが、スタジアムだけでなく川崎市に何かサポートしていけるように僕らも考えています』

かわさき応援バナナ 取り扱い店舗リスト2013年4月10日現在
No. チェーン名 店舗名
1 foodium 武蔵小杉店
2 Fuji 稲田堤店
3 上野川店
4 五月台店
5 南平台店
6 いなげや 川崎生田店
7 川崎土橋店
8 川崎南加瀬店
9 川崎宮前平駅前店
10 オーケー 生田店
11 川崎大師店
12 川崎野川店
13 川崎本町店
14 ジェーソン 中野島店
15 諏訪部青果 諏訪部青果
16 セブンイレブン 室戸店中央店
17 梶ヶ谷大塚店
18 神木本町2丁目店
19 川崎二子店
20 ダイエー 向ヶ丘店
21 デリド 武蔵小杉店
22 東急ストア 梶が谷東急ストア
23 フレルさぎ沼とうきゅう
24 新丸子東急ストア
25 溝の口東急ストア
26 宮崎台東急ストア
27 宮前平東急ストア
28 向ヶ丘遊園店
29 武蔵小杉東急ストア
30 ニューヤヒロ 稲田堤駅前店
31 ファーマーズマーケット・セレサモス ファーマーズマーケット・セレサモス
32 ゆりストア 生田店
33 王禅寺店
34 千代ヶ丘店
35 白山店
36 星ヶ丘店
37 百合ヶ丘本店
38 ライフ 川崎宮内店
39 御幸店
40 宿河原店
41 川崎京町店
42 東有馬店
43 向ヶ丘店

※追加が発生次第、随時追記致します。

過去のお知らせ

Get AdobeReader

当サイトのコンテンツ閲覧には一部、プラグインが必要な場合があります。必要な方は上記のボタンからダウンロードサイトに移動し、ガイドにしたがってインストールしてください。

PAGE TOP

サイトマップ