CLUB OFFICIAL
SPONSORS
  • 富士通株式会社
  • SMBC日興証券株式会社
  • 富士通エフサス
  • 富士通ビー・エス・シー
  • 株式会社富士通マーケティング
  • 中古マンションを探すなら GAのRenosy
  • 株式会社PFU
  • プーマ

前節

SEASON2017

第32節

vs.ガンバ大阪

emblem

最新節

次節

HOME

日時:2017年11月18日(土)14:02キックオフ 会場:等々力陸上競技場

試合終了

ゲームトップ画像

試合終了

  • エンブレム

    川崎フロンターレ

  • 1

    00
    10

    0

  • ガンバ大阪

    エンブレム

2017 MEIJI-YASUDA SEIMEI J1 LEAGUE
vs.GAMBA OSAKA

2017 明治安田生命J1リーグ 第32節 vs.ガンバ大阪:開催データ
入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態
21,529人 雨、弱風 16.2℃ 69% 全面良芝、水含み
試合時間 コミッショナー 主審 副審 副審
90分 久保田 水男 荒木 友輔 越智 新次 清水 崇之
追加副審 追加副審 第4の審判員 記録員  
林 可人 大高 常勝  
過去の対戦成績(J1) 過去の対戦成績(J2) 2017シーズン対戦記録
8勝5分12敗/48得点55失点 対戦無し 第16節(アウェイ)/第32節(ホーム)

Jリーグ公式オンラインストアで、川崎フロンターレのユニフォームや応援グッズを今すぐ購入しよう

公式記録OFFICIAL MATCH RECORD

川崎フロンターレ[ホーム] チーム [アウェイ]ガンバ大阪
1

0 前半 0
1 後半 0

0
鬼木 達 監督 長谷川 健太
63 > 66 勝点 42 > 42

エウシーニョ 82分

得点
選手/時間

選手名
シュート数 ポジ
ション
シュート数
選手名
45909045
チョン ソンリョン 1000 GK 000 1 東口 順昭
エウシーニョ 18325 DF 00035 初瀬 亮
奈良 竜樹 3112 0002 三浦 弦太
谷口 彰悟 5011 00015 今野 泰幸
車屋 紳太郎 7000 0004 藤春 廣輝
大島 僚太 10112 MF 0007 遠藤 保仁
エドゥアルド ネット 21000 0008 井手口 陽介
中村 憲剛 14101 00014 米倉 恒貴
家長 昭博 41156 00037 高木 彰人
阿部 浩之 8325 00010 倉田 秋
小林 悠 11123 FW 000 13 呉屋 大翔
 
GK/新井 章太 30     0 SUB 0     18 GK/藤ヶ谷 陽介
DF/武岡 優斗 17     0 0 0   22 DF/オ ジェソク
MF/田坂 祐介 6   0 0 0     32 DF/野田 裕喜
MF/森谷 賢太郎 19   0 0 0     23 MF/中原 彰吾
MF/三好 康児 13     0 0     24 MF/井出 遥也
MF/長谷川 竜也 16   0 0 0 0   20 FW/長沢 駿
FW/森本 貴幸 9     0 1 1   53 FW/赤﨑 秀平
経過
得点選手 得点経過 得点選手
経過

右 CK 14 ↑ 中央 41 ヘディングS 相手DF 18 左足S

18 エウシーニョ 82

[得点経過の記号の意味]〜:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート

OUT IN 交代選手 IN OUT
8 阿部 浩之 16 長谷川 竜也 76 46 53 赤﨑 秀平 13 呉屋 大翔
10 大島 僚太 19 森谷 賢太郎 87 52 20 長沢 駿 37 高木 彰人
41 家長 昭博 6 田坂 祐介 90+4 80 22 オ ジェソク 14 米倉 恒貴
警告・退場
選手名/理由
  
  
  
  
  
  
45 90 データ 90 45
11 14 25 シュート 1 1 0
4 5 9 GK 13 6 7
5 6 11 CK 3 2 1
7 6 13 直接FK 10 7 3
1 1 2 間接FK 2 1 1
1 1 2 オフサイド 2 1 1
0 0 0 PK 0 0 0
警告・退場
選手名/理由
67 C1 8 井手口 陽介
70 C2 35 初瀬 亮
  
  
  
  

注1:オフサイド欄の数値は、間接FK数のうちオフサイドによるものを表している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。

警告理由
C1 = 反スポーツ的行為 C2 = ラフプレイ C3 = 異議 C4 = 繰り返しの違反 C5 = 遅延行為  C6 = 距離不足
C7 = 無許可入 C8 = 無許可去
退場理由
S1 = 著しく不正なプレイ S2 = 乱暴行為 S3 = つば吐き S4 = 得点機会阻止(手) S5 = 得点機会阻止(他)
S6 = 侮辱 CS = 警告2回

前節終了時の累積警告

  • 1枚 1/チョン ソンリョン
  • 3枚 3/奈良 竜樹
  • 3枚 5/谷口 彰悟
  • 1枚 7/車屋 紳太郎
  • 1枚 8/阿部 浩之
  • 1枚 9/森本 貴幸
  • 1枚 11/小林 悠
  • 2枚 14/中村 憲剛
  • 1枚 16/長谷川 竜也
  • 3枚 18/エウシーニョ
  • 1枚 19/森谷 賢太郎
  • 2枚 22/ハイネル
  • 2枚 23/エドゥアルド
  • 3枚 41/家長 昭博

今節の出場停止

  • なし

スターティングメンバーLINE-UP

川崎フロンターレ
ガンバ大阪

最近の結果と予定 RESULTS & SCHEDULE

最近の試合結果と予定
川崎   G大阪
3-2 仙台(H) 3試合前 0-1 新潟(H)
3-0 広島(A) 2試合前 3-3 浦和(A)
2-2 柏(A) 前節 1-1 仙台(H)
浦和(A) 次節 札幌(H)
大宮(H) 2試合後 FC東京(A)

チームスタッツTEAM STATS

POWERED BY Data Stadium

ゴール数

ボールがゴールマウスに入り、得点と認められたプレー。

選手名 点数 決定率
枠内シュート数

シュートが枠内に飛び、GKがセーブしたシュートとゴールとなったシュート。

選手名 本数 枠内率
アシスト数

パスを受けた味方選手がゴールを決めたパス。

選手名 回数
ドリブル数

守備側選手と対峙し、その選手を抜こうとする、横にかわしてシュート打とうとするなどの仕掛けるプレー。

選手名 回数 成功率
パス数

味方選手につなげる意図があるものをパスとする。パスの中にはクロスやスルーパスも含まれます。

選手名 本数 決定率
スルーパス数

味方が相手最終ラインの裏に走り込むスペースを狙ったパス(最終ラインはオフサイドとなるライン)。

選手名 本数 成功率
クロス数

ペナルティエリア内の味方選手にシュートを打たせる狙いがあり、サイドから送られたパス。

選手名 本数 決定率
敵陣内空中戦回数

浮いているボールに対し、両チームの選手が空中で競り合うプレー。

選手名 回数 勝率
自陣内空中戦回数

浮いているボールに対し、両チームの選手が空中で競り合うプレー。

選手名 回数 勝率
インターセプト数

相手のパスに対して能動的に動いてそのパスをカットし、自ら保持もしくは味方につなげたプレー。

選手名 回数
タックル数

相手選手がコントロールしているボールを、身体あるいはボールへの接触によって足下から離すプレー。

選手名 回数 決定率
出場時間累計

試合に出場し、プレーした時間のシーズン累計。

選手名 時間
more...

マッチレポート、マッチレビュー、選手詳細データetc...

採点プリーズ

あなたのマンオブザマッチを採点しよう!

試合後、あなたが選んだMOMをモバフロで
採点! あなたがチェックしたポイントも、
どんどんコメントしてください!!

毎試合終了後、翌日12:00PMまで投票受付!*採点するには「モバイルフロンターレ」への登録(ご利用料金:月額324円)が必要です。

この試合の採点結果

1
大島僚太選手7,276
2
エウシーニョ選手7,267
3
鬼木達監督選手7,220
毎試合50名様に当たる!!

採点に参加すると、1位に選ばれた選手の
サイン入生写真など、豪華賞品が当たります!

みんなの採点コメント

家長選手の全てが感動的でした。誰にも触らせないボールキープ、そこが見えているのかというパス、そしてゲーム最終盤まで全く落ちない全力疾走。ひとつひとつのプレイに涙が出ました!!(か)/ルヴァンあけで気持ちの切り替えも大変だったと思います。気合い入りまくってた中で決めて、すごく嬉しかったです。いつも通り、冷静に試合してまた次も勝ち点3取って欲しいです。惜しいゴールはたくさんありました。気合い入れすぎな気もしましたけど。ボールをとらせない、ってのがあったのか、奪いにいく姿が何度も見れました。昨日は嬉し涙を流せました。ありがとうございます!(のりこ)

photo

あんたが大賞

今節のあんたが大賞は、攻め続ける時間が続くも、なかなかシュートを決めきれない展開の中、待望の決勝ゴールを決めたエウシーニョ選手です!!

贈呈者
アメリカン・エキスプレス・インターナショナル Inc. 副社長 安岡久美子様
賞品
ギフトカード30万円分

photo

勝利ボーナス賞

ふくしまの米 勝利ボーナス賞は選手全員に贈られます!

贈呈者
JA全農福島
賞品
福島県会津産コシヒカリ150kg

photo

スーパーセキュリティ賞

カスペルスキー様ご協力のもと、無失点での勝利に最も貢献した選手へ送られるこの賞。本日は、高い集中力を保ち、相手に攻撃の形を作らせなかった谷口彰悟選手です!

贈呈者
(株)カスペルスキー

photo

勝利のマーチ

ロッテ様よりいただいたロッテ製品を来場者の皆さんにもおすそ分けし、全員で勝利の喜びを分かち合おうというセレモニーです!

贈呈者
(株)ロッテ マーケティング統括部 後藤宏行様
賞品
コアラのマーチ

他会場の結果 OTHER MATCHES

2017 明治安田生命J1リーグ / 第32節 >利用規約をご確認ください

日 程 対戦 会 場 キックオフ 入場者数 結果
2017年
11月5日(日)
鹿島 vs 浦和 カシマ 14:00 33,356 1 - 0
2017年
11月18日(土)
仙台 vs 大宮 ユアスタ 14:00 15,533 3 - 0
柏 vs 磐田 14:00 11,545 1 - 0
横浜FM vs C大阪 日産ス 14:00 34,153 1 - 4
新潟 vs 甲府 デンカS 14:00 16,461 1 - 0
神戸 vs 広島 神戸ユ 14:00 12,805 1 - 2
鳥栖 vs FC東京 ベアスタ 14:00 19,476 2 - 1
清水 vs 札幌 アイスタ 15:00 13,723 0 - 2

モバフロだけ! 試合前の選手コメントPLAYERS’ COMMENTS BEFORE THE MATCH

POWERED BY モバフロ

川崎フロンターレ:奈良 竜樹

ルヴァンカップ決勝から2週間たって、チームとしてみんな気持ちを切り替えてしっかり準備をしていると思う。リーグ戦も自分たちが勝たないと状況は変わらないので、まずひとつ勝って何かが起きるのを待ちたい。1年間やってきたことを信じてチーム一丸となって戦えば、いいゲームができると思っている。G大阪は力のあるチームで一発がある。そこは警戒しなければいけない。ただ、恐れることなく自分たちの特徴を出したいし、ボ…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:谷口 彰悟

ルヴァンカップから2週間たって少し空いて、気持ち的にリフレッシュして切り替えることができている。今週はもう一度ゴール前の崩しの精度、クオリティに重点を置いてトレーニングをやってきた。それをしっかり出したい。G大阪は1人ひとりがハードワークできるチーム。攻撃陣もいろいろなタイプの選手がいる。誰が出てくるかはわからないが、油断できない。後ろは常にいろいろなことを想定しながら対応していかなければなら…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:車屋 紳太郎

勝点的には不利な状況だが、勝てれば鹿島にプレッシャーをかけることができる。そこを信じてやるしかない。G大阪は井手口選手、倉田秋選手がキーになってくる。中盤の選手だが、得点に絡んでいるので、そこにどれだけ仕事をさせないかが大事になる。自分のサイドだと倉田選手。代表でやっていてもうまいなと感じたし、代表の試合でも結果を残している。そこを潰せれば代表へのアピールになる。1年間の集大成になるので、代表…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:阿部 浩之

どのポジションでもチームとしてやるべきことをやるだけだし、個人としてはゴールを取れるようにプレーをするだけ。流れによってプレーは変わるかもしれないが、勝点3しかいらないし、それを目指せるプレーをしたい。優勝は他力な部分があるので、自分たちが勝って鹿島にプレッシャーをかける。しぶとく食らいついていきたい。今までやってきたことが間違っていなかったと自分たちで証明しないといけない。G大阪のアウェイは自分…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:小林 悠

G大阪は勝てていないが、代表選手も多いし、個人個人の能力は高い。自分たちはどこが相手でも気の抜ける状況ではない。しっかりとチャレンジャーの気持ちを持って臨みたい。ルヴァンカップ決勝でも最後のクオリティ、精度が足りなかった。今年は風間前監督のサッカーに守備の部分や切り替えの部分が加わって良いチームになっている中で、ゴール前の精度をもう一度確認した。リーグ戦では勝たなくてはいけない試合をモノにできて…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:中村 憲剛

ひさびさの公式戦なので、しっかりとゲームに入ること。これだけ試合間隔が空いていたので、G大阪もチームとして整備してくると思う。ただ、相手のことを気にしすぎてもいけない。もちろんスカウティングはするし、それで今まで勝ってきた。この1ヶ月ぐらいは、ケガ人が出たり戻ってきたり、出場停止が出たり、ずっとスクランブルで戦ってきた。もう一回、しっかりと勝つ。1人ひとりが意識を高くやること。やりきるしかない…

つづきは
モバフロで!

川崎フロンターレ:家長 昭博

誰が出ても、ある程度はベースは同じでやれている。アベちゃん(阿部浩之)が帰ってきたが、アベちゃんの良さはみんながわかっている。そういうものがチームにプラスアルファで加わる。前の4人でどうこうというのはないが、4人のうちに誰かが点に絡まないと勝利は近づかない。攻撃に人数をかけられるように意識してやりたい。しっかりやれればチャンスは作れる。チャンスをものにできれば、自ずと勝てる。結局はそこだと思っ…

つづきは
モバフロで!

試合レポートMATCH REPORT

リーグ第32節、等々力にG大阪を迎えての一戦。リーグ戦は残り3試合。優勝の望みをつなぐためには勝ち続けるしかない。曇り空。冷え込んできた等々力陸上競技場。14:02キックオフ。

前半THE FIRST HALF

フロンターレのスターティングメンバーは、トップに小林、その下に中村、左ワイドに阿部、右に家長、ボランチはネットと大島のコンビ、最終ラインは車屋-谷口-奈良-エウシーニョ、GKソンリョン。立ち上がり2分、フロンターレの攻撃。中盤で阿部がパスカット。カウンターから家長がミドルシュートに持ち込むがブロックされる。3分、中村の左コーナーキックはクリアされる。4分、さらにセカンドボールを拾い、大島の左サイドからのクロスを小林がヘッドで合わせるが枠を外れる。惜しい場面だった。5分、G大阪の攻撃。右サイドから崩しをかられ、米倉にクロスを狙われるが大きく外れる。5分、フロンターレの攻撃。中村が前線からプレッシャーをかけてGKのキックをブロックするが、チャンスにつながらず。6分、G大阪の攻撃。直後に反撃を狙われルーズボールがゴール方向に転がってくるが、谷口がカバーリングに入る。10分、ボールを回され右サイドからクロスが入るが、奈良が対応。11分、さらにセカンドボールを拾われ攻勢をかけられるが、守備陣がしのぐ。11分、フロンターレの攻撃。直後に反撃をかけ、一気にゴール前にボールを運び家長がキープ。左サイドの阿部が右足でミドルシュートを放つが、惜しくもゴール右に外れる。13分、セカンドボールを拾って細かくパスをつなぎ、中央の大島がミドルシュートを狙うがブロックされる。14分、自陣からパスをつなぎ大島の浮かし球に中村が走り込むが、シュートはゴール上に外れる。決定的な場面だった。17分、G大阪の攻撃。中盤でパスカットされカウンターを狙われるが、高木には奈良が対応。20分、中盤からロングボールを入れられるが、奈良がクリア。21分、フロンターレの攻撃。ルーズボールを拾ってパスをつなぎ押し込み、最後はネットがミドルシュートに持ち込むがブロックされる。22分、相手陣内でボールを奪い返してパスをつなぎ、車屋が左サイドから折り返すが惜しくもゴール前に合わず。23分、ペナルティエリア右前からのフリーキックの場面。中村のボールはクリアされる。26分、中盤でエウシーニョがボールカット。ショートカウンターから右サイド小林のクロスをエウシーニョが合わせるが、惜しくも枠に飛ばず。

27分、G大阪の攻撃。攻勢をしのがれカウンターから倉田に突破を狙われるが、大島が戻り対応。27分、フロンターレの攻撃。直後にカウンターを返し、一気にゴール前にボールを運ぶがシュートに持ち込めず。28分、中村の左コーナーキックをニアサイドで奈良がヘッドで合わせるが、惜しくもGKの好セーブに阻まれる。29分、中村の右コーナーキックはGKがパンチング。30分、相手陣内でネットがパスカット。ショートカウンターから小林がゴール前に入り込み横パスを送るが、惜しくもネットに合わず。32分、中村の右コーナーキックはクリアされる。セカンドボールを拾い阿部がシュートを狙うが、大きく外れる。33分、G大阪の攻撃。中盤でボールを奪いかえされ右サイドから倉田に突破を狙われるが、谷口が戻りながら対応。34分、フロンターレの攻撃。自陣からパスをつなぎ、エウシーニョが右サイドからラストパス。トラップした小林がターンを狙うが、シュートに持ち込めず。35分、中盤でボールを奪ってパスをつなぎ、左サイド車屋が抜け出し折り返すが惜しくもクリアされる。36分、さらにゴール前に圧力をかけ、最後は阿部が左足でシュートを放つがGKにキャッチされる。38分、G大阪の攻撃。右コーナーキックの場面。初瀬からボールが入るがG大阪のファールの判定。41分、フロンターレの攻撃。ボールを奪い返して攻勢をかけ続けるが、フィニッシュにつながらず。42分、中村の右コーナーキックからゴール前で混戦となり、エウシーニョがシュートに持ち込むがブロックされる。43分、G大阪の攻撃。ボールを回され押し込まれるが、守備陣が落ち着いて対応。45分、フロンターレの攻撃。細かくパスをつないで相手陣内に押し込み、ネットのラストパスに家長が抜け出すがGKと交錯。フロンターレのファールの判定。アディショナルタイム2分。45+2分、フロンターレの攻撃。早いリスタートからパスをつなぎ、ネットがラストパス。小林がペナルティエリア内に入り込み倒れるが、ノーファールの判定。惜しい場面だった。立ち上がりからフロンターレがペースを握り、試合を押し気味に進める。速い攻守の切り替えで何度もボールを奪い返しG大阪ゴールに迫るが、チャンスを得点につなげられず。0-0のまま前半を折り返した。

ハーフタイムコメントHALF TIME COMMENTS

エンブレム

川崎フロンターレ:鬼木 達 監督

守備は攻守の切り替えをやり続けること。サイドをうまく使って。攻撃はシュートを打つイメージを常に持って。

エンブレム

ガンバ大阪:長谷川 健太 監督

前線で起点を作る。必ず試合の流れは来る。自信を持って戦おう。

後半the 2ND half

47分、G大阪の攻撃。パスをつながれ右サイドから崩しをかけられるが、高木には阿部が戻り対応。48分、フロンターレの攻撃。相手陣内でボールを奪い返し、家長が左サイド深い位置から折り返すがクリアされる。49分、さらに攻勢をかけてネットがゴール前に浮き球を入れるが、GKにパンチングでしのがれる。50分、自陣からパスをつなぎカウンターへ。左サイド小林の戻しを受けた阿部が狙いすましたシュートを放つが、惜しくもゴール右に外れる。52分、G大阪の攻勢をしのぎカウンターに持ち込み、小林が左サイドから強引にミドルシュートを放つがゴール右に外れる。54分、パスをつなぎ中央突破。ネットの縦パスからこぼれ球を拾い小林がGKをかわしにかかるが、GKの好セーブに阻まれる。決定的な場面だった。55分、コーナーキックの流れからセカンドボールを拾い、中村が左サイドからクロスを入れるがクリアされる。56分、さらにゴール前に圧力をかけ続け、エウシーニョの左サイドからの戻しを阿部が合わせるが惜しくもゴール上に外れる。57分、リスタートの流れから中盤大島のサイドチェンジをファーサイドの奈良がヘッドで合わせるが、GKにキャッチされる。58分、大島の縦パスを受けた家長が右足でミドルシュートを放つが、GKにセーブされる。59分、中村の左コーナーキックはクリアされる。セカンドボールを拾い押し込むが、ファールで止められる。60分、左サイドからのフリーキックの場面。中村のボールをエウシーニョがヘッドで合わせるが、GKの好セーブに阻まれる。60分、中村の右コーナーキックから攻勢をかけ、ゴール前の浮かし球を奈良がヘッドで落とし谷口が右足で合わせるがゴール上に外れる。惜しい場面が続いた。62分、G大阪の攻撃。右サイドからのフリーキックの場面。初瀬のボールはGKソンリョンがパンチング。63分、左サイドから崩しを狙われるが、守備陣が落ち着いて対応。65分、自陣からパスをつなぎ、大島の右サイドからのクロスを小林がヘッドで合わせるが枠に飛ばず。66分、G大阪の攻撃。中盤でルーズボールを拾われカウンターを狙われるが、倉田には奈良が対応。

69分、ボールを奪い返され左サイド藤春に折り返されるが、大島が戻りブロック。ピンチをしのぐ。71分、左サイドから崩しをかけられ、折り返しを受けた赤崎にシュートを打たれるが谷口が体に当ててしのぐ。71分、初瀬の右コーナーキックは守備陣が対応。72分、初瀬の左コーナーキックから混戦となるが、ネットがクリア。73分、フロンターレの攻撃。パスをつないで押し込み、ネットのスルーパスに家長が抜け出しシュートに持ち込むが惜しくもGKの好セーブに阻まれる。75分、セカンドボールを拾って押し込み、左サイド中村が抜け出し速いボールを入れるがGKに止められる。76分、さらに左サイド車屋の低い折り返しをゴール前に飛び込んだ家長が合わせるが、ゴール上に外れる。決定的な場面だった。76分、阿部に代わり長谷川がピッチへ。78分、フロンターレの攻撃。リスタートの流れから家長が右足でシュートを狙うが、大きく外れる。80分、G大阪の攻撃。ゴール前にボールを入れられるが、長沢には守備陣が対応。80分、フロンターレの攻撃。直後に反撃をかけてエウシーニョが右サイドから折り返すが、クリアされる。82分、セカンドボールを拾ってゴール前に押し込むが、G大阪ディフェンスにはね返される。迎えた82分、フロンターレの攻撃。右コーナーキックの場面。中村のボールを家長が競り合い、こぼれ球をエウシーニョが左足で押し込み、ついに先制点を奪う。(1-0) 86分、大島に代わり森谷がピッチへ。87分、G大阪の攻撃。コーナーキックをしのがれ、直後にGKに長いボールを入れられるが家長が戻り対応。88分、自陣から長いボールを入れられるが守備陣が戻りながらしのぐ。89分、カウンターを狙われるが、家長が戻り対応。ピンチを未然に防ぐ。アディショナルタイム3分。90+2分、フロンターレの攻撃。エウシーニョが右サイドから切れ込みスルーパスを入れるが、惜しくもゴール前に合わず。90+2分、G大阪の攻撃。左サイドからゴール前にロングボールを入れられるが、車屋がクリア。90+3分、家長に代わり田坂がピッチへ。90+4分、G大阪の攻撃。左サイドから長いボールを入れられるが守備陣がはね返す。試合は1-0でタイムアップ。

後半もフロンターレがボールを握り何度もチャンスを作るが、チャンスをゴールにつなげられず。じりじりと時間だけが過ぎていくが、終盤セットプレーの流れからエウシーニョがゴールを決めてついに先制。G大阪の反撃をしのぎきり、望みをつなぐ勝点3を手にした。

試合終了後 監督コメントCOMMENTS AFTER THE MATCH

エンブレム

川崎フロンターレ
鬼木 達 監督ONIKI, TORU

[公式記者会見 総評]

プレッシャーがある中、しっかりと選手達が戦って今日勝てたこと、それが一番良かったことですね。サポーターの方の笑顔も見れましたし、選手も笑顔も多く見れて、本当に今日はそれが良かったと思います。ゲームの方は終始、前半から自分達の方で積極的に攻撃も守備もやってくれていたと思います。ただなかなか得点が入らないというところで、難しいゲームになってしまいましたけど、今シーズンずっと我慢強く戦おうという中で、最終的にセットプレーという形にはなりましたが、本当に90分を通して選手はハードワークと共に勝ちたい気持ちを出してくれたのではないかなと思います。以上です。

[公式記者会見 質疑応答]
── 本当にいつ入ってもおかしくないけど、なかなか入らなかったという試合だと思いますけど、その入らない中で、リズムを変えるというか、何か変化をつけるのが普通の考え方ではないかなと思います。監督の交代はそういう変化よりも、人を変えて何かフレッシュな力という感じだったのでしょうか?
一つは決して中でやっている選手も悪くはないと思ってやっていたと思うんですけど、その中で自分の形で変な形に崩さないようにしたいなという思いがありました。プラス、今おっしゃられたように人のところで変化をつけるとしたら人で変化をつけようかなと思っていました。当然、そのあとは点が取れる森本もいましたし、そこらへんは人で変えようと思っていました。それ以外は今日のゲームの中で言うと、できるだけ彼らのいい流れを崩さないようにしようという考えでいました。
── これまでだとなかなか攻めても結局点を取り切れずに失点をするというのが見られた川崎だったんですが、今日は最後まで攻め続けて点をもぎ取ったと。これはいろいろな要素があると思いますが、何が一番大きい要因としてこの結果を導いたと思いますか?
一つはやっぱり気持ちのところが当然あると思います。引き分けでもダメという形だったので、とにかく勝つためにと。それが最終的に前へ前へという推進力にもなりましたし、それは守備の切り替えのところも下がらずに前から行けていた。それが相手の体力ややる気、そういうものを徐々に奪っていけた結果だと思っています。総合的な形でこういう形になったと思います。
── サポーターや選手の笑顔の話をされていましたけど、ルヴァンカップから時間が空いて、切り替えが難しかったと思いますが、この間、どういうふうに過ごして、この試合に選手をのぞませたのでしょうか?
当然、先週のルヴァンカップを負けた週というのはコンディションは難しかったです。それは気持ちのところで、トレーニングをしていても、選手達は当然一生懸命やっていますが、なかなか盛り上がりといいますか、盛り上がっていいのかというところも含めて選手達は不安を持ちながらやっていたと思います。今週に入って、改めて自分達のやってきたこと、自分達次第だということ、これはミーティングでも話をしましたが数字上は他力ですけども実際には自分たち次第でまだまだ可能性はあると、奇跡を起こせるんじゃないかということで挑んできましたので、試合前の2~3日のところで選手達のスイッチもしっかり入って今日に挑めることが出来ました。

エンブレム

ガンバ大阪 監督
長谷川 健太

[公式記者会見 総評]

今日はもう、勝つ可能性は限りなく少なかったなというゲームでした。非常に川崎の方ももちろんですけど、負けると鹿島の優勝が決まるという一戦で最後まで本当に集中してプレーしていましたし、なかなかうちの前線でタメが作れなかったという部分も、相手の切り替えも早くて、いい形で後ろからの球出しも出来なかったですし、前の選手ももう少し踏ん張って何とか起点ができれば、また違ったと思うんですが、そこもなかなかさせてもらえなかった。今日はフロンターレが勝つべくして勝った試合だったんじゃないかなと思っています。あと残り2試合、ホームで最近久しく勝っていないので、何とか最後いい形でホームで終われるように切り替えて、コンディションを整えて、今日は代表選手も何人かいて、東口が本当に素晴らしいプレーをして、彼がいなかったらあと2、3点は取られてもおかしくないようなシーンがありましたし、あと倉田と陽介(井手口陽介選手)も非常に良かったんですけど、若干疲れがあったかなという感じはしました。いつもだったら、もう少しアグレッシブにプレーは出来たと思うんですが。ただそういう中で彼らはさすが違いを見せたと思います。あと、今日先発で初めて出た選手なんかが更なる奮起、それはもう今シーズンだけでなく、来シーズンの戦いも始まっていると思いますから、彼らもこれから更に高みを目指して頑張って欲しい。たくさんのガンバのサポーターが駆けつけてくれた中で、なかなかいいゲームが出来なかったのは申し訳ないと思っていますし、あと2試合本当に彼らの応援、熱い気持ちに応えられるような試合をしていきます。

[公式記者会見 質疑応答]
── 後半の頭に2人立て続けに前線を代えて攻撃を変えようとされたと思いますが、どのような狙いがあったのでしょうか?
先ほど言ったように、前で起点が出来ないというのが一番大きな問題だったので、本来はもう少し早めに動き出しをしてあげて、結構押し込まれた状態の中でプレッシャーをかけられて、余裕がない中でのプレーなので、前線の選手がもう少し分かりやすいアクションをしてあげると、例えばそこでファウルをもらうだけでも全く違うだろうし、そこで攻撃の起点をつぶされる回数があまりにも多かったので何とかそこを変えて行きたいなという思いがあって、後半の頭と早い時間帯に1人代えました。

試合終了後 選手コメントPLAYERS’ COMMENTS AFTER THE MATCH

川崎フロンターレ:チョン ソンリョン

── 試合を振り返って
最後の最後まで諦めずに勝利を目指して戦った結果。シュート数を見てもかなり差がついていて、あとは決めるだけだった。なかなか決めきれない展開にはなったが、我慢しながら1点取って勝つことができた。シュート数を見てもわかるように、いつでも点を決められるチームだと感じている。必ず取ってくれると信じて、全員が最善を尽くして戦った。リーグ戦は残り2試合となったが、他チームの結果に関係なく自分たちはひとつひとつ勝って成長していくだけだと思う。

川崎フロンターレ:奈良 竜樹

── 試合を振り返って
うちがいいときは前半のうちに先制して、後半ポンポンと追加点が入る。でも、攻撃的なチームはこういう展開になることもある。そこで焦れずに自分たちの力を信じてプレーできたのがこの結果につながった。もっと早く勝負を終わらせることができたと思うが、これだけチャンスを作ることができたということは、まだ成長の余地があるということ。まだまだ良くなると思っている。次節までどうなっているかはわからないが、自分たちは目の前の試合で勝つために戦うことに変わりはない。得点はセットプレーの流れだが、こういうゲームをものにできるのは粘り強く戦えるようになってきたということだと思う。

川崎フロンターレ:谷口 彰悟

── 試合を振り返って
得点というところでは運がないというか、最後のところで相手の東口選手もスーパーなセーブを見せていて、焦ってしまうかなと思っていたが、みんな大丈夫と言い続けていた。セットプレーで取れたのは大きかった。こういう展開はあったし、後ろのみんなで絶対に我慢だと言っていたし、味方を信じていた。久しぶりにホームで試合ができるので、フロンターレはまだ死んでいないよというところを見せないといけなかったし、そういうプレーは見せられたかなと。チームが一つになってやるべきことがやれていたと思う。

川崎フロンターレ:阿部 浩之

── 試合を振り返って
前半からうちが押し込んでうまくシュートまで行けていたが、最後のところで決めきれなかった。ああいうときこそカウンターを食らったりするのでじれずにやることが大事。フィニッシュまでの形はよかった。いつか入るだろうはダメだけど、そのぐらいの余裕はあったと思う。結果的に終盤決めて望みがつながった。古巣G大阪相手だったがホームゲームだったので特別意識することはなかった。ただ、ゴールを決めたかった。優勝するためには他チームの結果次第ではあるが、うちは勝ち続けるしか可能性はない。あと2試合もしっかり勝ちたい。

川崎フロンターレ:大島 僚太

── 試合を振り返って
なかなか決め切れない流れだったが、セットプレーで決めることができたのは大きかった。攻守の切り替えのところはオニさん(鬼木達監督)が言っていたし、全員がそれをできていた。相手に収めさせる時間帯ができずにみんなで戻れていた。ルヴァンの反省もあり、あれだけ押し込んだ後にどう崩すか。ミドルシュートで終わっておくのも一つ。中盤を含めてシュートを打てるチャンスで打ってもよかったかもしれない。勝ててよかった。

川崎フロンターレ:小林 悠

── 試合を振り返って
難しい試合だったが、勝つことがすべてなので。練習の成果は出せていたが、東くん(東口順昭選手)が当たっていたというのもある。もう1本、2本は決めないといけなかった。ただ攻撃の部分ではいろんな攻めができたし、やっていて楽しかった。チームみんなで戦っていた。今日に関しては自分がチームを助けられなかったが、今日はエウソン(エウシーニョ)が助けてくれた。

川崎フロンターレ:中村 憲剛

── 試合を振り返って
自分たちが等々力のピッチで相手を圧倒しようと思ってやっていた。良い準備ができていたし、良いパフォーマンスを見せることができた。攻守で圧倒しようとオニさん(鬼木達監督)も言っていたし、そういう試合ができた。自分の決定機も含めて、あそこで外して自分たちで首を絞めてしまったところはある。いつか入るだろうという楽観視はしていなかったが、このまま愚直に続けていくことで点が取れると思っていた。そういう意味でもじれずにやれたし、ずれたとしてもリカバーして、チーム一体となって戦えた。今年に関しては、夏を過ぎてからはこういう試合を勝ちに持ってこれていたし、みんなで粘りつよくやっていた。今日が初めてではないし、慌てる選手もいなかった。負けたらどうしようという選手は誰もいなかったと思う。1点では物足りないかもしれないが勝点3を取ったのが大きい。

川崎フロンターレ:エウシーニョ

── 試合を振り返って
ひさびさの等々力でのゲーム。相手がG大阪という素晴らしいチームで、難しいゲームになった。総シュート数を見ればわかるように、こちらが押し込んでチャンスをたくさん作った。ただ、そこで決められず、難しいゲームにしてしまった。ラストプレーで焦ってしまうことが多かったが、そこまでに至る過程は素晴らしいプレーができていた。ただゴール数よりも勝つことが大事。ゴールシーンはイメージとしてファーサイドにこぼれてくると思っていて、ボールがうまく落ちてきてうまく入り込むことができた。あの場面は、後ろに残る指示があったのだが、ボールが蹴られた瞬間、ファーポストに転がってくるのではないかというイメージが浮かんだので思い切って前に行った。シュートは自信を持って打つことができた。みんなが繋げてくれたボールだと思っているし、みんなが応援してくれた結果。何より勝つことが大事だったので、本当に嬉しかったし、本当に自分たちを信じて応援してくれているサポーターのみんなに感謝したい。みんなにおめでとうと言いたい。

川崎フロンターレ:家長 昭博

── 試合を振り返って
最初から最後まで自分たちを信じてやれていたし、勝利を目指していた。セットプレーは、入っていく選手が各々のポジションに入っていくだけで、自分はシュートのつもりだった。いつもこういう苦しい試合で勝っていたので、みんなを信じてやれていた。結果が出てよかった。

NEXT MATCH

次の試合も熱い声援を! 合言葉はPaint it Blue!!

SEASON2017

第33節

vs.浦和レッズ

emblem

AWAY日時:2017年11月29日(水)19:30キックオフ 会場:埼玉スタジアム2002

試合スケジュールへ

PAGE TOP

サイトマップ